ウーマン
  1. ホーム
  2. 現状から最適なものを選択

現状から最適なものを選択

基礎化粧品

予防と改善で異なるケア

美白効果のある成分は何種類もありますが、その効能はそれぞれ異なります。より効果的にケアを行うためには自分の肌の状態を見極めた上で、目的に応じた成分が配合された化粧品を使わなくてはなりません。今後のシミ予防が主目的であれば、メラニンが過剰生成されるのを防ぐ効果のある美白成分が有効です。エラグ酸やプラセンタエキス、トラネキサム酸などがこれに当てはまります。尚、プラセンタエキスには代謝促進、トラネキサム酸には肝斑や肌荒れを防ぐ効果もあるとされていますので、他のお悩みに応じて選択する方もいらっしゃいます。既に表面化しているシミに対してはメラニン色素を還元し、漂白効果が見込める美白成分を用いるのが効果的です。代表的な成分として、お肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノンがあります。以前は医師の処方がないと使用できない成分でしたが、現在では一定の濃度以下であれば化粧品に配合しても良いことになっています。より安定性を求めるのであれば、肌に吸収された後にハイドロキノンへと変化するアルブチンや、ハイドロキノンに似た作用を持つルシノールを含む化粧品を使うのも良いでしょう。さらに美白効果が高い成分として注目されているのがビタミンC誘導体です。誘導体として安定させることにより、元々美白効果あると言われていたビタミンCの成分を壊すことなく化粧品に配合できるようになりました。先に述べたメラニン色素の生成抑制及び還元の両方の効能を持つビタミンC誘導体であれば、シミの予防にも改善にも一定の効果が期待できます。このような違いに着目し、自分に合った美白成分を選択することをおすすめします。